ヒゲ脱毛に使うレーザーの種類

どれがいい?レーザー脱毛の種類

レーザー脱毛とは、医療機関でおこなう脱毛方法となります。
クリニックや美容外科、皮膚科といったところでしかおこなう事ができず、医師の資格を持った人、またはそれに準ずる人が処置おこなうものとなります。

エステサロンなどでもたまに、「レーザー脱毛」といった言葉が使われていますが、これは本当の意味でのレーザー脱毛ではありません。

医療レーザー脱毛は、出力が強く効果的にヒゲを脱毛してはいきますが、その分かなりの痛みを伴います。
肌の状態や痛みの度合いによっては、部分麻酔や笑気麻酔、麻酔クリームといったものを使う事もあるぐらいなのです。

医療レーザー脱毛で使われている機械には、いくつか種類があります。
さまざまな会社が開発・販売しており、医療機関によってどの機器をつかっているのかはバラバラなのです。

とはいえ、どれも光の出力は強く、高い脱毛効果を期待できるものには変わりありません。
主なレーザーの種類としては、以下のようなものとなります。

ダイオードレーザー

日本人の毛色や肌質に最も適しているといわれているレーザーです。

照射するヘッドが大きくて重いので、施術する側としては扱いにくいといった難点があるのものの、うぶ毛の処理にも適しているほど優れた力をもっています。
ヘッドをしっかりと固定して慎重に脱毛していきます。

アレキサンドライトレーザー

脱毛現場ではよく使われる種類のレーザー。
ヘッドが軽いので扱いやすいのですが、効果の面ではダイオードレーザーよりも劣るものとなります。

ヤグレーザー

レーザーの中では一番に脱毛効果が劣るタイプ。
でも、一般的には難しいとされる肌の色が濃い状態でも、安全に処理できるレーザーです。

レーザー脱毛は医療機関で!

上記レーザーを用いた脱毛施術は医療行為なので、エステではなく病院・クリニックといった医療機関で施術を受けることになります。

>全国ヒゲ脱毛病院リストはこちら

トップへ戻る