ヒゲ脱毛レーザー比較

ダイオードレーザーVSアレキサンドライトレーザーVSヤグレーザー

ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの特徴をまとめると以下のようになります。

ダイオードレーザー

波長…800nm
日焼けした肌…不可
届く距離…中間
体毛…産毛も比較的得意
痛み…レーザーの中では最も痛みが少ない
おすすめの部位…全身
料金…まだ台数が少ないので高め

アレキサンドライトレーザー

波長…755nm
日焼けした肌…不可
届く距離…浅い
体毛…産毛や白髪は苦手
痛み…痛い
おすすめの部位…全身、顔はやや不得意
料金…取り扱っているところが多いので、比較的安い設定のところも

ヤグレーザー

波長…1064nm
日焼けした肌…可
届く距離…深い
体毛…深くて太い毛が得意
痛み…深くまで届くので痛みは強い
おすすめの部位…日焼けした肌、色黒の肌、ヒゲ
料金…取り扱いが少ないので高い


ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーは、脱毛効果が高い事で有名。
特にアレキサンドライトレーザーを導入しているクリニックはとても多く、脱毛では定番中の定番。
ただ、ダイオードレーザーの場合はジェルを塗布する必要がありますので、その手間や時間がかかるのはもちろん、ジェルによる不快感を感じる人もいます。
逆に言えば、このジェルの存在があるからこそ、脱毛による痛みが軽減されています。
しかも、どちらかというと日本人の肌質にも合っているのです。

では、波長の届き具合から比べてみるとどうなのかというと、ヤグレーザーが毛穴の深くまで届きます。
ヒゲは他の体毛に比べて毛根が皮膚の深くにありますので、アレキサンドライトレーザーでは波長が短すぎて届きにくい…
つまりは、ヒゲに関してはダメージが与えにくいといったデメリットが。
ヤグレーザーは波長が長いので深いところに届き、深いところにある毛根にもしっかりと届かせることができます。
しかも、ヤグレーザーは黒への吸収が他のレーザーよりも少ないので、日焼けした肌ももともと黒い肌の人にも対応可能と、肌質の問題もクリアーしているのです。

普及している台数は、一番に多いのがアレキサンドライトレーザー
それを追うように増えているのがダイオードレーザーです。
ヤグレーザーはまだ取扱い数が少なく、その名を知らない人も少なくありません。

ヤグレーザーはヒゲ脱毛に向いていることもあり、メンズ脱毛専門店などで見かけられます。
普及数が多いほど料金設定は安く設定されている事が多く、普及が少ないと料金設定も高めになっています。
ヒゲ脱毛の観点からみるとヤグレーザーですが、痛みが強いのと、料金が高くなりがちなのを覚悟しないといけません。

トップへ戻る